Crossing Borders - クロッシング・ボーダー

ロバート・ボッシュ財団とベルリン文学コロキウム(Literarisches Colloquium Berlin)が共催で実施する「クロッシング・ボーダー」プログラムは、作家、映像作家、フォトグラファーを対象に、リサーチを目的とした外国滞在を助成します。中国(台湾、香港、マカオを含む)、インド、インドネシア、日本そしてベトナムから、ドイツでのリサーチ滞在のための助成に応募できます。具体的な出版企画のためのテーマを取り上げ、ドイツ文化に多層的に取り組もうと考えているクリエイティブな人材を対象とします。既存のステレオタイプを覆し、多様かつ多層的なドイツの未来像を幅広く知らしめることのできる芸術作品の制作を支援することが、このプログラムのねらいです。

Floating Market © Marco Lehmbeck

リサーチ助成の対象は、文学的または随筆的な散文作品、叙情詩、写真と文章でつづる出版物、児童書、青少年文学、ドキュメンタリー番組やドラマのシナリオ、ラジオ番組、マルチメディア作品などの制作です。助成金額は、リサーチの期間により、最大で10.000 ユーロまで申請できます。詳細な助成金額は、オンライン・応募フォームを用いて、わかりやすく算出されます。

3 月 1 日から 4 月 30 日までの期間および9 月 1 日から 10 月31 日までの期間、ロバート・ボッシュ財団のオンライン募集ポータルで、応募を受け付けています。

Application Portal

 

プログラムの詳細

中立的立場の審査員が、応募者の中から助成対象プロジェクトを選考します。選考結果は2月中旬に発表される見通しです。
助成対象者には、強い自己責任感が求められます。主催者は広範な個人的サポートを提供することはできませんが、リサーチのための場所や各種機関について相談に応じ、可能なかぎり、ドイツでのコンタクト先を紹介します。
クロッシング・ボーダーの作品発表後、当該作品を一般公開のイベント等で披露するための資金助成を申請することができます。申請先はベルリン文学コロキウムです。

 

よくある質問

申請が可能な助成は以下の通りです。

  • ドイツまでの渡航費、ドイツ国内の目的地までの交通費、帰国のための旅費で総額 2500ユーロを上限とする助成。
  • 最長31日間までの宿泊費および食事手当で、1日あたり一括で算出される金額。
  • 作品制作、リサーチ旅行の準備、実施、事後の作業のため、月額1500ユーロの助成。最長3ヶ月まで

自己資金と第三者からの資金について明記すべきですか
第三者からの補助についての記述と、自己資金を証明する書類の提出は、選考の際に有利です。発生し得るコストのうち、自己の現金でまかなえるもの、使用できる機材やスペース、事務用品などでカバーできるものを自己資金として記入してください。

第三者からの資金とは、申請者やロバート・ボッシュ財団以外の、第三者から提供される資金です。第三者からの資金援助を歓迎します。自己資金や第三者からの補助資金が申請時に未定の場合は、資金確保を進めている段階である旨と、その内容を応募書類に明記してください。

企画書は、プロジェクトの内容、スタイル、ターゲットグループについて明確な情報を伝えるためのものです。応募プロジェクトが「クロッシング・ボーダー」プログラムの助成対象としてふさわしい理由を明確に記してください。

必要な長さで、かつできるだけ簡潔に。通常、3ページから10ページ程度で十分です。

書籍、映像、ラジオ番組、マルチメディア作品として発表する企画を助成対象とします。作品は、できるだけ広く社会で鑑賞されることが望まれます。

選考に通らなかった場合は、いつでも再挑戦できます。

繰り返し応募できますか。
すでにクロッシング・ボーダーの助成を受けたことがあっても、当該プロジェクトのリサーチが終了し、レポート提出と費用の清算が完了すれば、再び応募することができます。ただし、初めての応募者が優先されます。

基本的には可能ですが、ベルリン文学コロキウムやロバート・ボッシュ財団との連絡を担当する責任者としてプロジェクト・リーダーを指定してください。グループでの応募の場合、応募用紙は一枚のみ記入し、メンバーの履歴書や書類を添付してください。作品制作助成に申請できるのは、一名のみです。

応募者の年齢制限はありません

対象は作家、映像作家、フォトグラファーで、文学的または随筆的な散文作品、叙情詩、写真と文章でつづる出版物、児童書、青少年文学、ドキュメンタリー番組やドラマのシナリオ、ラジオ番組、マルチメディア作品などを手がける人材を対象とします 。

連絡先と相談窓口

Advice Research Funding
Inga Niemann
Literarisches Colloquium Berlin
Am Sandwerder 5
14109 Berlin
Germany

Tel.:
+49 30 816996 64

Advice Research Funding
Nadja Grabsch
Literarisches Colloquium Berlin
Am Sandwerder 5
14109 Berlin
Germany

Tel.:
+49 30 816996 33